忍者ブログ
つれづれ日記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 パチパチありがとうございます♪ たくさんもらえて嬉しいですvv

 ところで、今更ながら電波。でやってた双剣士祭2008の話の続きをアップしてみました。きりの良いところ、っていうか最初にここまでやろうと思ってたところまであと1話です。もし良かったらどうぞ。何年も引っ張っておきながら、あんなオチで申し訳ない
 ていうか、たどり着くまでも遠くて申し訳ない 「電波。ログ」→「展示」→「過去企画」→「2008」→「展示室」でようやくたどり着けます。遠っ!


 そんで、ハガレン最終話まで見終わりました。面白かったー!
 ラスト辺り、大佐の役に立たなさが半端ないと原作読んでて思いましたが、アニメ見ても思いました。それでこそ大佐です。その無能さが素敵(待て)。
 でもって、全部見終わってから言うのもなんですが、自分が記憶違いしていたというのも分かりました。エドがれんたん術(漢字忘れた)を習うシーンなんてなかったんですね。弟と兄を取り違えてたよ。リザさんの背中は焼かれてたんですね。なんとなく、焼かれてなかったイメージしかなかったので間違えちゃったよ。そうかー、大佐がリザさんを連れて行きたがったのは、単純にリザさんと肩を組んでたかったからだったのかー(違います)
 ホムンクルスたちもある程度、自分が納得できる形で死んでいるところなんかに、作者さんの愛情を感じました。ラストの最期や、ブラットレイの最期はもちろんですが、グリードの最期も泣けました。好きだったのになー、グリリン。グリリン×ランファンとか密かに萌えてたんだけどな。

 しかし、ラスボスが出てくる辺りから話が壮大というか、RPGぽくなっちゃいますね。それまでファンタジーながらも一応、錬金術=科学と言ってただけに突然の方向転換にびっくりです。
 原作もそうでしたが、一国程度の犠牲で神様が呼べるものなんだろうかとか、そもそもアレは神様だったのか?とか、神様を取り込んだシーンはあったけど戻っていくシーンはなかったよね、どうなったんだ?とか、要するに神様が太陽でラスボスが月ってことで、取り込んで完全体になったってこと?とか、いや、大地が割れてでかいのが出てきたんだから、あれは地球というか大地の化身みたいなやつで、太陽を呑んだってこと?とか、それとも日食が起こったときのことだから、太陽+月ってことで上のが完全体(神様)で、下のでかいのは成長したラスボスで、ラスボスが神様を食ったってこと?とか、じゃあ日食がもどった=神様が戻ったという解釈で良いの?とか、いやでも日食はラースの戦闘の最後辺りで終わろうとしてたから日食は単なる自然現象?とか、そもそも「神よ!」と呼びかけたくらいで何で出てきちゃうかな上の人(?)は!とか、疑問がボロボロ。謎だよなー。うーん。

 ホムンクルスは結局、「外に出たい」「自由になりたい」という夢が叶えられないままだったのでしょうか。そう思うと哀れです。人間の欲を叶えるために作られた存在が、大きくなりすぎてしまったがために人の手で消されるというのも哀れです。やったことは許されませんけどね。その分、セリムが自由にのびのびと成長してくれると良いなぁ。

拍手[1回]

PR
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
(12/24)
(09/04)
(05/01)
(04/02)
(03/20)
ツイッター
ブログ内検索
カウンター

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]